2018年4月入社のスタッフ紹介

2018年4月から、5人のスタッフが新しく参画しました。岩瀬も東京学芸大学教職大学院を退職し、設立準備に専念しています。最初の2週間は朝と夕方に本城が選んだ絵本を一冊ずつ読み、森で本気で遊んだり、本城・岩瀬とたっぷり対話したり。日々をどんなふうに自分たちでつくっていくか、楽しみながらも試行錯誤しているところです。それぞれの今の気持ちと、好きな言葉をご紹介します。

■奥田麻依子(おくちゃん)
出身は岡山、京都での大学生活、東京での会社員生活から、日本海にある離島・隠岐の高校での仕事を経て、山に囲まれた軽井沢にやってきました。軽井沢の地域の皆さんや、全国各地の教育に関心のある皆さんともつながりをつくっていきたいです。

ー今の気持ち
これから皆で「新しい普通」を作っていくのが楽しみな気持ちと、未知に対する不安な気持ちが同居しています。これまでの経験も大事にしつつ、自分のあり方も変化させていこう思います。

ー好きな言葉
納得いくまで考えて選んだら、選んだ答えを「正解」にする!

 

■甲斐崎博史(KAI)
「人間到る処青山あり」強い志をもち、軽井沢に至りました。子どもたちの幸せな子ども時代にかかわれることが、私の幸せです。また仕事だけでなく、素晴らしい自然環境の中で、軽井沢の暮らしも楽しみたいです。

ー今の気持ち
新しいことにチャレンジするのはとてもわくわくします。アドベンチャーを楽しみます。

ー好きな言葉
知っていることは多くなったけど
知らないことはもっと多いだろう
知らないことが多いのはかまわないんだけど
見たことがないのはくやしい
歩いたことがないのはもっとくやしい
(いがらしみきお)

 

■根岸加奈(ぽん)
生まれ育った愛する信州で、自分の夢に向かって進めること、とても嬉しく思っています。自分の軸をしっかり持ちつつ、これからの時代を見据えた教育について、みなさんと共に考えながらていねいに歩んでいきたいと思っています。

ー今の気持ち
見えないことに対する不安もありますが、今は不思議とわくわく感が勝っています。大人の学びと子どもの学び、両者は入れ子構造であるということを忘れずにいたいです。

ー好きな言葉
You only live once. Where there’s a will, there’s a way.
(人生一度きり。意志あるところに道は開ける。)

 

■藤山茉優(ふっしぁん)
はじめまして。18歳まで山口県で過ごし、大学6年間を熊本で、そして今年の春から長野県にやってきました。教育に熱心な信州の地で、刺激を受けながら、新しい普通の学校の設立に尽力していきます。

ー今の気持ち
入社するまでは、左右前後どこを見渡しても同じ景色の森に投げ出されているような気持ちでした。
入社してからは、投げ出された森の中を歩いてたら川に辿り着いたり、道に辿り着いたり、様々な発見があるような毎日を送っています。

ー好きな言葉
Nothing is impossible, the word itself says, I’m possible!
「impossible:不可能」なことなど何もない。この言葉自体がそう言っている。「I’m possible: 私にはできる」と。(オードリー・ヘップバーン)

 

■山﨑恭平(ざっきー)
開かれた学校や学びを支える学習環境に興味があります。多くの経験に浸りながら、これからの学校について考えていきたいです。また雪国・新潟出身でウィンタースポーツが好きです。軽井沢の冬は厳しいようですが、冬の生活や遊びも楽しみたいです。

ー今の気持ち
不安なこともあり右往左往していますが、まずはいろんなことを楽しみたいです。

ー好きな言葉
いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ
(岡本太郎)

【採用】設立スタッフ追加募集にあたって

2019年4月から参画する設立スタッフ追加募集を始めました。義務教育学校教諭(算数・数学、社会)、養護教諭、幼稚園教諭が今回の募集対象です。

2018年は軽井沢風越学園のカリキュラムの原理・原則をぼく(岩瀬)と苫野を中心につくりあげ、2019年に集まる先生たちと一緒に原理・原則に基づいた具体的なカリキュラムを策定する予定をしています。その原理・原則を考えるうえで、改めて専門性の重要性を痛感しています。

ここでいう専門性とは、教科ごとの教え方のテクニックや教科の知識を持っているということではありません。その教科や学問自体を深く探究し続けていたり、実社会と結びつけたりしながら、教員本人が学びを楽しんで使いこなしているような在り方が、ぼくたちの考える<教科の専門性>です。

新しい学習指導要領に、各教科の特質に応じた物事を捉える視点や考え方を示す「見方・考え方」が書かれていますが、これを子どもに求めるだけでなく、ぼくら大人自身が実践できているか、問うてみたいのです。

例えば、数学の美しさを知っている人には、世の中にある様々な形や模様、あるいは現象や問題までもが数学的に見えるそうです。ぼくにはまったく見えない世界だけれど。また文学を愛していない人に、読みの学びはデザインできないでしょう。

そう考えると、専門性とは「その世界に没頭している」とも言えます。そんなふうに教科や学問の専門性を大事にしている人たちと一緒に、軽井沢風越学園のカリキュラムをつくっていきたいと思っています。

社会では、教科横断的な探究カリキュラムを一つの核にしたいと考えています。歴史や地理をどう教えるかというよりは、いま社会で起きていることを基に子どもたちと横断的な学びに繋げるチャレンジに取り組んでみたい。

算数・数学では、自由進度の学びの個別化カリキュラムを実現させ、その中で協同的な探究も大事にしたい。算数・数学で教科の枠を越えた学びは、どうすれば実現できるだろうと考えていますが、先に書いた専門性のある人であれば、自然にいろいろな教科とも繋がっていける予感があります。

幼稚園では、幼稚園と小学校のつながりのデザインについて一緒に考えたいです。幼稚園の年長として、年下の学年のお兄さん・お姉さんだった彼ら・彼女らが、小学校入学を機に<何もできないちいさい存在>かのように扱われ、「動き回る」から「座り続ける」、「あそぶ」から「勉強する」に過ごす時間ががらりと変わってしまいます。

でも、本当に遊びと学びの間に境はあるのでしょうか?学ぶということは座るということと同義なのか?幼稚園と小学校の文化が「まざる」ことでどんなことが起こるのか?当事者である子どもがわくわくするような、子どもの育ちに沿った小学校低学年期の在り方を変えていきたいです。

養護教諭は、幼稚園から中学校を通して子どもたちの育ちに関わる要となる存在です。ぼくがこれまで勤めてきた学校でも、すてきな養護教諭に出会ってきました。そこにいるだけで、なんだか場が安心できる存在。子どものケアはもちろん、保護者やぼくもよく相談に乗ってもらっていました。子どもたちだけでなく、学校に関係する様々な人たちとフラットに関係をつくっていける方に出会えると嬉しいです。

いま集まっているメンバーには、様々な参画動機がありますが、ゼロからカリキュラムをつくることや、異なる教科のメンバーと持っている専門性をかけあわせて子どもたちの学びに繋げる環境づくりを楽しみにしている、何より子どもたちの持つ力や可能性を信じている人たちです。新しくできる学校と創立メンバーだからこそ考えられるこれからの学びとその実践をみんなで試行錯誤してみたいです。一緒に<新しい普通の学校>をつくりましょう。

(岩瀬直樹)

 

【採用】追加募集のお知らせ

軽井沢風越学園設立準備財団では、2020年4月の開校に向けての準備を進めています。
教職員の採用には先日139名の皆さんのご応募がありましたが、この度、中学校数学、中学校英語の教員を追加募集することになりました。

算数・数学及び英語の教科の専門性を持ち、小1から中3までのカリキュラムをデザインし、自己主導の学びの環境を整えることに意欲のある方を募集します。現在、自己主導の学びの実践が積み重ねられていなくても結構です。

ご応募、お待ちしております。詳細については、こちらをご覧ください。

【採用】たくさんのご応募ありがとうございます

2月1日にプレスリリースして以来、様々な形で関心を持ってくださりありがとうございます。

4月2日に教職員の採用に関する第一次の書類受付を締め切りました。全国各地、海外からたくさんの方にご応募いただき本当にありがとうございます。じっくり書類を拝見させていただきます。

みなさんの熱い思いをしっかり受け止めて、軽井沢風越学園の創立スタッフとなる人の採用を丁寧にすすめていきます。応募してくださった方、今後のご連絡に少しお時間を頂きますがどうぞご容赦ください。

(応募総数)139人

(年齢別の応募人数)

20歳~24歳40人
25歳~29歳31人
30歳~34歳17人
35歳~39歳22人
40歳~44歳10人
45歳~49歳5人
50歳~54歳8人
55歳~59歳3人
60歳~64歳1人
65歳~69歳2人

(期間別の応募人数)

2月1日~2月10日5人
2月11日~2月20日
14人
2月21日~2月28日8人
3月1日~3月10日1人
3月11日~3月20日5人
3月21日~3月30日18人
3月31日8人
4月1日14人
4月2日66人

 

追記、
この春に卒業した新卒の方10人、現在在学中の方25人と若い人たちにもたくさん挑戦していただきました。うれしかったです。ありがとうございます!

 

 

【採用】書類締切と採用プロセスについてのお知らせ

採用について重要なお知らせです。

これまで書類の締め切りを設けていませんでしたが、第1次書類応募の締め切り日を2017年4月2日とします。

書類受付後は以下のように採用を進めていきます。

①書類選考

②書類選考通過者はSkypeによる面接(複数回)

③Skype面接通過者は軽井沢町にて実施する1泊2日の合宿に参加。合宿は5月~10月の週末に複数回実施します。日程は対象者にご連絡いたします。

④上記合宿の前後に授業または職場の見学をさせていただきます。学生の方は別途ご連絡いたします。

⑤これ以外に随時面接を複数回行います。

以上のように進めていきますのでご了承ください。

その他、採用については、https://kazakoshi.jp/recruit をご覧ください。