2018年4月19日

第12号(2018年4月19日発行)

2018年4月19日

こんにちは、軽井沢風越学園設立準備財団です。

新年度が始まって約3週間、いかがお過ごしでしょうか。私たちは4月から5人の新しいスタッフを迎え、軽井沢の事務所は賑やかです。4月15日(日)には今年度最初の「かぜあそびの日」を実施しました。子ども同士の出会い、森や川との出会い、子どもと大人の出会いの中で起きた様々な出来事は、またご報告します。

かぜのーと 第12号(2018年4月19日発行)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】5月25,26日(金・土)学校づくり途中経過報告会 申込受付
【2】子どもと一緒に読みたい本 vol.7 岩瀬直樹
【3】4月入社のスタッフ紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◇-------------------------------
【1】5月25,26日(金・土)学校づくり途中経過報告会 申込受付
-------------------------------◇

5月25,26日(金,土)に軽井沢中央公民館にて、「学校づくり途中経過報告会」を開催いたします。当日は、設立発起人の本城・岩瀬・苫野ほかスタッフが出席し、ここまでの経過や今後の予定についてご報告いたします。現在お住まいの地域に関係なく、どなたでもご参加いただけます。

2018年5月25日(金)10時〜12時(9時半開場)
2018年5月25日(金)18時〜20時(17時半開場)
2018年5月26日(土)10時〜12時(9時半開場)

26日(土)は未就学児向けに託児室(定員20名、先着順)を設けます。報告会にお子様と一緒に参加していただくことも可能です。

お申込みはこちらから >> https://kazakoshi.jp/news/event/2829/

◇---------------------
【2】子どもと一緒に読みたい本 vol.8 岩瀬直樹
『わくせいキャベジ動物図鑑』
----------------------◇
『わくせいキャベジ動物図鑑』
(著:tuperatupera、アリス館)
amazon)(楽天ブックス

小5の娘と近所を散歩したりサイクリングしたりするのが、ぼくの休日の楽しみの一つです。(いつまで付き合ってくれるんだろう…)

ただ散歩するだけではなく、2人でいろいろな遊びを開発しています。「日陰しか歩いちゃいけない散歩」とか、「電柱の間を息を止めて走る散歩」とか、「公園につくまで30回しか漕いじゃいけないサイクリング」とか。文字にしてみるとばかばかしい感じもしますが、やっている2人はめちゃめちゃ楽しいんです。数あるオリジナル散歩の中で、娘のお気に入りは、犬を連れている想像をして歩く「エア犬の散歩」。犬を飼いたくて仕方がないんですよね(笑)。

ぼくのお気に入りは、「あれって顔に見えない?」選手権。風景の中から顔に見えるものを探して歩くのですが、これがけっこう面白い。
「あの家、顔に見えない?」
「あ、ほんとだ、泣きそうな顔だね」
「あの車、完全に怒っている顔だ!」
「車って、基本的に顔に見えるね」などなど。
顔に見立てる。そんな目で世界を眺めてみると、いろんなものが顔に見えてくるから不思議です。「見立てメガネ」をかけてみる感じ。

続きはこちらから >> https://kazakoshi.jp/kazenote/book/2692/

◇---------------------
【3】4月入社のスタッフ紹介
----------------------◇

2018年4月から、5人のスタッフが新しく参画しました。岩瀬も東京学芸大学教職大学院を退職し、設立準備に専念しています。最初の2週間は朝と夕方に本城が選んだ絵本を一冊ずつ読み、森で本気で遊んだり、本城・岩瀬とたっぷり対話したり。日々をどんなふうに自分たちでつくっていくか、楽しみながらも試行錯誤しているところです。それぞれの今の気持ちと、好きな言葉をご紹介します。

■奥田麻依子(おくちゃん)
出身は岡山、京都での大学生活、東京での会社員生活から、日本海にある離島・隠岐の高校での仕事を経て、山に囲まれた軽井沢にやってきました。軽井沢の地域の皆さんや、全国各地の教育に関心のある皆さんともつながりをつくっていきたいです。

ー今の気持ち
これから皆で「新しい普通」を作っていくのが楽しみな気持ちと、未知に対する不安な気持ちが同居しています。これまでの経験も大事にしつつ、自分のあり方も変化させていこう思います。

ー好きな言葉
納得いくまで考えて選んだら、選んだ答えを「正解」にする!

他のスタッフはこちら>> https://kazakoshi.jp/kazenote/record/3187/

——————————————————————————

(あとがき)

4月23日に弘文堂から『一緒に冒険をする(著・西村佳哲)』という本が出ます。2015年1月に奈良県立図書情報館で開催されたフォーラムが軸になっている10人のインタビュー集、その一人として本城が載っています。当時はまだ、軽井沢風越学園の構想すらありませんでしたが、ふしぎと今に繋がることが、すでに話されています。”その人が次になにをしてゆくかは本人がよく知らないだけで、行動には全て露呈しているし、実は本人もわかっているんじゃないか。”という西村さんの一文が、言い得て妙。お薦めです。

—————————————————————————–
発行元 一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団
ホームページ http://kazakoshi.jp
メールアドレス info@kazakoshi.jp
#配信停止については、ホームページのお問い合わせからお知らせください。