授業料等減免制度の計画について

(2019年6月15日更新)

軽井沢風越学園では「授業料等減免制度」を創設する予定です。2020年度義務教育学校入学者のうち、一定の基準に該当する方は、授業料等の免除を受けることができます。

本制度は、軽井沢町の「さわやか軽井沢ふるさと寄附金」を活用する予定のため、定員に限りがあります。定員を上回る申請があった場合は、選考させていただきます。予めご了承ください。

以下の内容は2019年6月8日現時点の計画であり、今後変更する場合がございます。また、記載がない点については現在検討中です。詳細が固まり次第、正式に発表します。

■授業料等減免制度の内容

入学金・授業料の全額免除(入学検定料や施設費など、上記以外の費用は減免の対象となりません。)

■対象者

軽井沢風越学園義務教育学校の入学資格を有する方のうち、次の2点すべての要件を満たす方を対象とします。

  • 2019年4月1日時点で志願者及び保護者が軽井沢町に居住していること。
  • 児童生徒が属する世帯の2018年の世帯所得が下表の世帯所得基準額以下であること。

▼世帯所得基準額

住民票に記載されている世帯員のうち、2019年3月31日時点で20歳以上の世帯員の所得を合計した金額が、次の基準額を下回ることが応募の条件となります。 世帯人数は、20歳未満の世帯員も含めたすべての世帯員を合計した人数です。

世帯人数 税引後世帯所得合計
2人 3,660,000円
3人 4,820,000円
4人 5,700,000円
5人 6,820,000円
6人 7,700,000円
7人 9,110,000円

■定員

30名前後

  • 定員は現時点での見込みの人数です。軽井沢町の「さわやか軽井沢ふるさと寄附金」の状況によって増減します。
  • 定員を超える応募があった場合、経済状況等を考慮して選考を行います。

■2021年度以降の継続的な授業料減免について

2021年度以降、基準を満たす方は継続的に授業料減免を利用できる制度とする予定です。ただし、授業の出席状況や経済状況等をもとに毎年審査を行います。