「風越コラボ in 熊本」開催のご案内

9月15,16(土・日)に、「未来の教育実践の担い手になる〜風越コラボin熊本〜」を開催します。

「子どもたちに『学びのコントローラー』をゆだねたい。」

苫野が出会った多くの教育関係者が、そんな想いを持ちながら日々試行錯誤しています。
そうした方にエールを送りたい、相談できる仲間としてつながってほしいという願いから、
岩瀬が熊本に初訪問し、苫野とともに2日間のワークショップを開催することにしました。

公教育の本質である<自由>と<自由の相互承認>について苫野から話し、
またその実質化の一つとして、岩瀬の実践事例を紹介することで、
「共同探究者」「探究支援者」としての教師のあり方、
そうした学びを支える学校・教育行政関係者のあり方について、
ともにじっくり考え、対話したいと思います。

子どもたちが、「自由」に、つまり生きたいように生きられるための力を育む教育とは、
一体どんな教育なのでしょう?
「自由の相互承認」の感度を育む学校とは?その実践とは?

熊本で、初となる軽井沢風越学園設立準備財団の岩瀬×苫野の風越コラボ。
九州・中国地方の皆さま、ぜひ奮ってご参加ください!
(もちろん九州・中国地方以外からもご参加いただけます。)

 


開催概要

■日時
2018年9月15日(土)、16日(日)
1日目:10:30~17:30(10:00受付開始)
2日目:10:00~16:00
※2日目の終了後、熊本市内で懇親会を行うことを予定しております(先着30名程度)。詳細については、申し込みされた方に別途ご案内し、参加の希望を受け付けます。

■場所
熊本大学黒髪北地区 教育学部東棟5A教室(キャンパスマップ11番建物内5F)(交通案内)(キャンパスマップ
※遠方からお越しの方は、移動・宿泊等はご自身で手配してください

■参加費
社会人16,000円、学生6,000円
※懇親会の参加費用は別途(当日支払い)

■対象
教員の方、学校・教育行政関係者、幼児教育に携わる方、教員を目指す学生の方等

■定員
80名

■締め切り
2018年8月7日(火)(先着順)

■プログラム(予定)
事前に以下の2冊をお読みの上ご参加ください。
『教育の力』(苫野一徳著、講談社現代新書)
『せんせいのつくり方 “これでいいのかな”と考えはじめた“わたし”へ』(岩瀬 直樹著 、寺中 祥吾著、プロジェクトアドベンチャージャパン監修、旬報社)

<1日目>10:30~17:30
・そもそも教育とは何か?どうあれば「よい」と言えるのか?(苫野一徳)
・「学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合」の実践の試み(岩瀬直樹)

<2日目>10:00~16:00
・High Tech Highドキュメンタリー『Most Likely to Succeed』鑑賞(映画予告編
・実践に向けたテーマごとの対話(岩瀬・苫野も参加します)
※プログラム内容は、一部変更する可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
※『Most Likely To Succeed』の上映にあたって、ライセンス契約をしています。


風越コラボin熊本に参加します。(参加される場合はチェックしてください。)

名字
名前
名字(かな)
名前(かな)
メールアドレス

学生(学生の方はチェックしてください。)

メルマガ(軽井沢風越学園設立準備財団からのメルマガの配信を希望される方はチェックをいれてください。)