子どもと一緒に読みたい本

ここでは「子どもと一緒に読みたい本」を軽井沢風越学園設立準備財団の面々が紹介していきます。

NO.6『かえるくんとがまくんシリーズ』(アーノルド・ローベル、文化出版社)
NO.5『二分間の冒険』(岡田淳、偕成社の創作)
NO.4『勉強するのは何のため?—僕らの「答え」のつくり方』(苫野一徳、日本評論社)
NO.3『子どもは子どもを生きています』(小西貴士、フレーベル館)
NO.2『西の魔女が死んだ』(梨木香歩、新潮社)
NO.1 『きょうしつのつくり方』(岩瀬直樹、旬報社)